エコエアポート

羽田発未来のための環境対策

世界をリードする環境先進都市東京。その玄関口である羽田空港国際線旅客ターミナルは、環境にやさしいエコエアポートとして省エネ・省CO2削減対策の取り組みを進め、低炭素社会・循環型社会・自然共生社会の実現を目指しています。

エコエアポートとは

空港および空港周辺において、環境の保全及び良好な環境の創造を進める対策を実施している空港のことを言います。

羽田空港国際線旅客ターミナルは、国土交通省が策定した「エコエアポート・ガイドライン」のもと、空港管理者と空港関連事業者からなる「東京国際空港エアポート協議会」を組織して、省エネ・省CO2を始めとしたさまざまな環境対策に取り組んでいます。

※出典:平成26年3月 国土交通省航空局「エコエアポート・ガイドライン」より

羽田空港国際線旅客ターミナルの「省エネ・省CO2」

最先端の省エネルギー技術と自然エネルギー(光・風・熱・水・緑)を組み合わせ、無理なく、無駄なくエネルギー供給・エネルギー利用することで、省エネ・省CO2対策を行っています。

エネルギーを効率よく使う

太陽光発電「メガソーラー」

空港は、近隣に高層建物がなく日陰ができにくいため、太陽発電の設置に適しています。その立地特性を活かし、ターミナルビルの屋根部分に約1,050kWの太陽電池パネルを設置し、自家発電することで、CO2削減に貢献しています。

ガスコージェネレーションシステム

ガスコージェネレーションシステムは、都市ガスを利用して、オンサイトで電気を作る分散型発電システムです。発電と同時に発生する廃熱を冷房・暖房・給湯などに有効利用できるため、高いエネルギー効率を実現できます。

廃熱投入型ガス吸収冷温水機(ジェネリンク)

ガス吸収冷温水機は、“水”を冷媒とする環境にやさしい空調システムです。また、ガスコージェネレーションシステムの廃熱や都市ガスを駆動源とするため空調にかかる消費電力を大幅に削減し、省エネ・節電に貢献できます。

ターボ冷凍機

フロン冷媒を利用した、高効率熱源システムです。冷媒を圧縮して効率よく循環させることで、高い冷凍能力を発揮します。熱負荷の状況に合わせて最適運転を行うインバーターターボ冷凍機を利用することで、省エネ・省コストを実現しています。

水蓄熱システム

電気代の安い夜間にターボ冷凍機で冷水をつくり、日中のピーク時間はなるべく電力を使わない工夫で、効果的に稼働し省コストに貢献します。

ダブルバンドルヒートポンプ

従来捨てていた空調ラジエーター(室外機)の廃熱を回収して、冷房、暖房を同時におこなう熱源設備です。

エネルギーを効率よく使う

エアブリーズタワー/床吹出空調

空港内の天井は高く、3階出発ロビーにおけるその高さは最大約20mになります。大空間を全体的に空調するのではなく、人の滞在空間のみ空調することで、効率的な空調を実現します。

クールピット/ウォームピット

空調時に取り入れる外気を地中のピットを通すことで、夏は冷熱で予冷、冬は温熱で予熱します。地中の熱を利用することで、冷暖房エネルギーの削減につながっています。

自然採光と光センサー照度制御

トップライトやハイサイドライトなどによる自然光を積極的に採用。照度制御により、500ルクス、800ルクスの2段階動作で、必要なときだけ点灯し電気の無駄をなくしています。

LED照明

蛍光灯のLED化を推進し、電力負荷を減らすことで、CO2の削減に貢献しています。LED化は、照明だけでなく、案内板の誘導サインなどさまざまな場所で使われています。

自然換気システム

直接日光により温められた天井付近の熱気を大屋根の中空部を通して排気する仕組みを設けています。遮熱効果により、天井からの放射熱を低減し冷房負荷を大幅に減らすことができます。

遮熱・遮光システム

ガラス窓からの直射日光による温度上昇を防ぐため、夏は涼しく冬は暖房熱を外へ逃さないペアガラスを採用して、空調効率を高めるようにしています。

排水のリサイクル

水資源の有効活用を目的として、ターミナルで発生する厨房排水・汚水・雑排水および雨水を水処理し、中水利用を行っています。製造した中水はトイレ洗浄水として利用しています。

屋上緑化・壁面緑化

エコエアポート実現のため、屋上をはじめ、壁面などさまざまな場所で植栽を行い、ヒートアイランド環境の緩和に取り組んでいます。省エネ効果などの環境対策だけでなく、緑に囲まれた空間演出に役立てています。

中央監視システム

電気設備・熱源設備・空調設備・搬送設備・衛生設備などの運転状況は、ビル管理システムで常時監視しています。BEMSのデータは、エネルギー会議にて省エネ対策の検討資料として活用し、運転やエネルギーバランスを見直し、設備のメンテ・更新など、効率化を行っています。

エコエアポートガイド ブックはこちら